「三茶にサンタがやってくる!2021」もうひとつの物語〜Ohana kidsのこどもたち〜

私が今年「三茶にサンタがやってくる!2021」に関わるきっかけになったのは、NPO法人Ohana kidsの伴走支援をしていたことでした。
医療的ケアを必要とするOhana kidsのこどもたちに、地域の中で様々な体験をしてほしい、地域の人たちにOhana kidsのことを知ってほしい、という代表理事・友岡さんの思いを聞く中で、ひとりのお子さんが「世田谷線に乗りたい!」と思っているということを聞きます。

当初は「東急電鉄さんにご相談しなければ」と考えていたのですが、そんなときfacebookのタイムラインに、今年も「三茶にサンタがやってくる!」を計画していること、サンタ列車を入らせることを知りました。せっかく世田谷線に乗るなら、たくさんのサンタさんたちと一緒に乗る方が楽しいし、地域の方々にOhana kidsのことを知っていただくいい機会にもなるのでは❣️
そう思って、三茶にサンタがやってくる実行委員会のみなさんに ご相談させていただきました。

新型コロナの感染状況が少し落ち着いてきていた時期だったとはいえ、医療的ケアが必要なこどもたちが何人も電車に乗ることには危惧する声も当然あったと思います。でも、コロナ禍で好きな電車に乗ることがなかなかできないこどもたちに楽しい経験をさせてあげたい、そのためにはどんな感染対策が必要か。前向きに考えてくださった運営チームのみなさんのおかげで、Ohana kidsのこどもたちが世田谷線に乗れることになりました。

Ohana kids 友岡さんからのメッセージを「三茶にサンタがやってくる」facebookページに掲載させていただきました。参加したご家族からのメッセージを見ているだけでこちらがジーンとしてしまいます。一緒にサンタ列車に乗ったサンタさんたち(地域の方々)が、口々に「やってよかった!」「こどもたちの笑顔を見て感激した」と伝えてくれて、お願いしたこちらも感無量です。

今回、Ohana kidsの 世田谷線が大好きなA君の願いをみんなで叶えたことで、関わるみんなが笑顔になり、理解が広がったと実感します。一緒に世田谷線に乗ることを目指して話し合いを繰り返し、その結果、ひとつの出来事を共有したことがとても大きかったと思います。

「障がいのあるこどもを地域で支える」
それって、こういうことの積み重ねで実現できるんじゃないか。
そんなふうに感じています。

▼NPO法人Ohana kids ホームページ
https://ohanakids-setagaya.com/

▼三茶にサンタがやってくる ホームページ
https://sanchasanta.hp.peraichi.com/